困ったー[安全編]

セキュリティで困ったことを調べたブログ

DMMは安全?

日常利用している人も多いDMMさん。

しかし企業は非上場のため、細かい業績や人事を公表する必要はありません。はたして利用しても大丈夫なのでしょうか。

DMMとは?

 

今や総合IT企業ともいえる有名なネット企業の一つです。

もともとは株式会社デジタルメディアマートとして創業されています。

 

初期は動画配信が中心でした。

非合法な無料動画が多い中、有料でありながらしっかり法的に遵守されたサービスであることもあって、会員数を伸ばすことに成功。

現在はで証券、ビットコイン、英会話、ソーラーなど、複数事業を展開しています。

 

主力事業のアダルト動画ですが、「FANZA」というブランドとして展開されることが発表されています。

現在は「FANZA」へ切り替わり中です。

ただし運営会社自体は変化はありません。

 

コーポレートサイトはこちらです。

https://dmm-corp.com/

f:id:apicode:20180811101051j:plain

 

 

DMMの業績は?

DMMは上場企業ではないため、業績を公示する必要は必ずしもありません。

 

ただし業績はホームページで公開されています。」

f:id:apicode:20180811101136j:plain

 

これによれば2018年度でグループとして2114億円の売り上げとなっています。

 

会員数は2900万人となり、日本有数のインターネットビジネスといえるでしょう。

 

インターネットビジネスはおおむね利益率は高いため、収益的にも問題はないような気がします。

 

ただし会社自体は非上場であり、母体のDMMは合同会社で、資本金1000万円の会社となっています。

 

 

DMMは安全?

DMMの歴史を振り返ると、ハッキングによるメールアドレス流出などはありません。

 

大手ネット企業ですら、一度はハッキングによる大規模被害にあうことは珍しくありません。

 

DMMは1999年創業ですから、運営期間も長期です。

そういう意味では、内部体制はしっかりしているものと思います。

 

リスクは?

ただしDMM自体は非上場企業であり、公開情報は限定的。さらにオーナーが大量の株を所有するオーナー企業という性格があります。

 

オーナーの動向次第では、よくある企業のお家騒動のようなものが起きないとも限りません。

 

グループ企業もずいぶん増えてますので、そのなかでコンプライアンス等のハンドリングが追いつかない可能性もあるかもしれません。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期してはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いませんので、 あらかじめご了承ください。