困ったー[安全編]

セキュリティで困ったことを調べたブログ

QRコード決済は安全?

中国ではQRコードを使ったスマホ決済が普及しています。

お店や屋台での買い物でも使えるところが増えています。お店からするとお釣り用に小銭やお札を用意しなくてもいいですし、何より強盗などに取られる心配が少ないです。

日本でも普及の兆しがありますが、果たして安全でしょうか。

QRコード決済とは?

QR Code for Object Tagging

中国ではアリペイやウィチャットペイといったスマホベースの決済システムが普及しています。

 

これを使うと、支払ってほしい人のQRコードを相手にスマホで撮ってもらえば決済を済ますことができます。

 

ユーザからすれば、いちいち小銭を持って歩かなくてもいいので安心です。

スマホだけあれば決済できますし、後で履歴や明細もチェックできます。

 

お店の人も、釣り銭の準備が不要です。

またレジにたくさんお金をおいてないので、強盗などの心配も少ないです。

 

日本では、楽天やドコモ、LINE、ヤフー、メガバンクなどが参入しています。

主な参入プレイヤーについては以下参照ください。

kabukahaitou.com

 

比較的近い将来、QRコードだけの決済がかなり普及するかもしれません。

 

QRコード決済は安全?

QR Codes

QRコード決済は、例えばローソンなどで利用する場合には比較的安全だと思います。

 

しかし、屋台や大道芸人、路上販売などでもQRコード決済を利用する場合には、いろいろなリスクがあると思われます。

 

スリカエ詐欺

屋台店頭などでは印刷物によるコードがおかれています。

これをつかってユーザは支払いをすませます。

 

ところかこのQRコードを、お店の人の目を盗んで自分のQRコードのものにすりかえられたらどうでしょう。

 

お客が払ったお金は、すりかえられた人の口座に振り込まれてしまいます。

 

実際、中国ではこのようなスリカエは起きているようです。

下の動画がわかりやすいですが、偽QRコードの書かれたシールをペリっと貼り付けるだけで完了です。

流行りのシェアバイクのところにも貼られていますね。

www.youtube.com

 

中国では対策として、印刷されたものなどの固定化されたコードを使ったQRコードでは1日当たりの上限が設定されるようです。

 

500元なので8000円程度でしょうか。

参考:

中国決済番犬: QRコード決済、「上限1日500元」の混乱

 

日本でも同様のケースが起きるかはわかりません。

 

しかしQRコード決済の場合、シールでないか確認してからのほうがよさそうです。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期してはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いませんので、 あらかじめご了承ください。