困ったー[安全編]

セキュリティで困ったことを調べたブログ

東京大浸水? 対策は?必要品は?

スポンサーリンク

台風や豪雨で浸水被害が珍しくなくなっていす。2018年9月の台風では、大阪でも危うく大決壊するのではないかというほどでした。

10/1にも台風がやってきますし、東京でも浸水の危険性があるため、対策についてまとめていきます。

全世帯共用の対策

ハザードマップを確認する

まずは自分の地域にどれだけの浸水の危険性があるか前もって確認しておきましょう。

 

東京では浸水についてのハザード情報を公開しています。

江東区や墨田区、江戸川区は特に被害が予想されます。

うちは以前江東区にいたので、水路が多く、土地の低さは感じられる土地柄でした。

普通に生活している分には、このような水路は気分を和らげる風景といえますが、浸水時となるとどのようなことになるかはあまり想像したくはありません。

f:id:apicode:20180928223210j:plain

参考:

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/30/documents/03_02.pdf

 

区ごとにさらに細かいマップが出ていますので、自分の区のものは確認しておきましょう。

www.kensetsu.metro.tokyo.jp

 

避難場所を確認する

Refugees in Jamam camp

区によっては避難計画を公開しています。

https://www.city.koto.lg.jp/057101/bosai/bosai-top/topics/documents/honpen.pdf

 

身の回りの避難場所についてはグーグルマップやアプリで確認しておきましょう。

apicodes.hatenablog.com

 

食料や防災グッズを用意する

Battery

大規模浸水ともなれば、停電なども考えられますし、コンビニなどは営業できなくなる可能性があります。

 

食料や電池・電灯、水などは数日分は必ず用意しておきましょう。 

 

浸水対策の準備をする

New York National Guard

家の持ち主である場合は、以下のようなものも検討しておきましょう。

・土嚢

家が水没しないよう積み重ねます。

・長靴

屋外作業で必要となります。

・ブルーシート

土嚢とくみあわせて水をブロックさせたりします。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期してはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いませんので、 あらかじめご了承ください。