困ったー[安全編]

セキュリティで困ったことを調べたブログ

【地震予言】徳島県の過去の地震は? 今後の地震の確率は?

スポンサーリンク

徳島というと、地震が発生しているイメージは少ない気もします。

が大阪で地震が発生するなど、近畿付近でも強い地震が起きる可能性があるかもしれません。

ここでは徳島について、過去の地震や今後の地震といったテーマで情報を集めてみました。

徳島県、過去の巨大地震は?

Kazura-Bashi-7

主なものは以下の通り。

徳島自体を震源にするケースというよりは、南海トラフのような巨大地震で多大なる影響がでるケースのほうが多いかもしれません。

  • 684年11月29日 南海トラフ沿いの地震 マグニチュード8
  • 887年8月26日 南海トラフ沿いの地震 マグニチュード8
  • 1099年2月22日 南海トラフ沿いの地震 マグニチュード8
  • 1361年8月3日 南海トラフ沿いの地震 マグニチュード8
  • 1498年9月20日 南海トラフ沿いの地震 マグニチュード8.3
  • 1707年10月28日 宝永地震 南海トラフ地震 マグニチュード8.6
  • 1854年12月24日 安政南海地震 マグニチュード8.4。
  • 1946年10月12日 南海地震 マグニチュード8。
  • 1948年4月18日 和歌山県南方沖で地震 - マグニチュード7.0、徳島県で最大震度 4
  • 1948年6月15日 紀伊水道で地震 マグニチュード6.7、徳島県で最大震度 4
  • 1955年7月27日 徳島県南部で地震 マグニチュード6.4、徳島県徳島市・日和佐町で最大震度 4
  • 2015年2月6日 徳島県南部マグニチュード5

参考: 地震の年表 (日本) - Wikipedia

徳島県の地震活動の特徴 - 地震調査研究推進本部

 

 

徳島県で地震が起きる確率は?

Chespin in Tokushima, Tokushima 1 (Tokushima central park)

確率は?

政府の地震調査研究推進本部では、南海トラフの地震の30年以内の発生確率を70〜80% と推測しています。

 

参考:http://www.bousai.go.jp

 

専門家の意見は?

気象庁は、四国周辺の想定震源域のプレート境界で「スロースリップ」が原因とみられる「深部低周波地震」が発生したと報告しました(2018/9現在)。

ただしこのことがたたちに南海トラフ地震につながるものとはしていません。

参考:【南海トラフ】四国周辺でスロースリップ「先月上旬に地殻変動」気象庁 | ハザードラボ

 

地震予測では著名な東京大学名誉教授の村井俊治氏さんによれば、

徳島県は特に、過去半年間で『1週間のうちに5cm以上の地表の高さ変動』も多数起きていますから、四国の中でも特に危険だと思われます

と、地表測定の異常を指摘されています(2018/9現在)。

すべての測定数値異常が大地震を指すわけではありませんが、十分な注意は必要と思います。

参考:

北海道地震を予測した東大教授が予測する「今、危険なエリア」│NEWSポストセブン

 

 

徳島県を巨大地震が襲ったら?

Awa-odori

産業

鳴門の渦潮や阿波踊りなどで有名な徳島県。

その人口は73万人程度、GDPは約3兆円規模。

ジャストシステム、日亜化学工業、大塚製薬工場などが本社を置いています。

 

規模や人口とも決して突出してはいません。しかしながら徳島で地震というよりは南海トラフ地震の影響を受ける可能性もあり、その場合の被害総額はかなりなものになります。

 

インフラ

徳島阿波おどり空港徳島港などがあります。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期してはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いませんので、 あらかじめご了承ください。