困ったー[安全編]

セキュリティで困ったことを調べたブログ

地震で停電時に! 電池不要グッズは?モバイルバッテリーの選び方は?

2018/9/6に北海道で震度7の地震が起きて本当にびっくりです。

北海道全土で停電となりました。徐々に復旧が進んでいるようですが、場所によっては時間がかかりそうです。

このように停電は突然やってきますので、普段から準備が必要です。

停電対策グッズとは?

うちでは東日本震災で数日停電ということがありました。

スマホは数時間おきに、必要最低限使うということになりました。

 

発電機がある方はいいのですが、高価なうえに場所もとります。

なかなか個人で...というのは難しいかもしれません。

 

その反省から、停電時の対策については考慮してきました。

 

今後また予想もしなかった場所で停電のような災害になるかもしれません。

今から最低限対策を講じておいたほうが良いでしょう。

 

電池不要グッズ

停電対策で真っ先にお勧めできるが、電池のいらないグッズです。

最低限このようなものは常備しておきたいです。

 

手動発電のライト

停電時ではライトやラジオが非常に重要になります。

電池がなくても、手動で電気を起こしてライトやラジオがきける製品があるので、やはり一家に1台はおいておきたいものです。

 

うちのはこういうやつ。ハンドルがついていてそれを数回回すと電力が生じるのでライトをつけることができます。

 

上にはラジオボタンがあって、ラジオを聞くこともできます。

 

 


レッドスパイス 電池不要 高輝度3灯ライト FMラジオ サイレン搭載 ダイナモ手巻き充電 マルチファンクションライト 緊
*記事執筆時のAmazon価格:*
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。
Amazon
楽天
Yahoo!ストア

 

ろうそく

ろうそくやマッチは、電源は不要です。

停電時の明かりではLEDランタンのようなものがあるとベストですが、とりあえずろうそくとマッチ程度は常備しておきたいものです。

 

ただしご利用時は、倒して火災にならないよう注意が必要です。

 

ツナ缶

ろうそくがない場合、ツナ缶が威力を発揮してくれます。

うちでもツナ缶は食料としてまとめ買いして常備してますのが、停電時には明かりにもなってくれるので心強いです。

www.youtube.com

 

 

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーがあると、このような場合スマホの電源供給の心強い味方です。

停電対策としてどのようなものを選ぶとよいのでしょうか。

 

ソーラー対応のモバイルバッテリー

うちではソーラーチャージャーがあります。

普段は普通に電源供給してモバイルバッテリーとして使えます。

ソーラーなので、屋外においておけば自然に充電させることができます。

apicodes.hatenablog.com

 

ただし実際買って試してみたら、ソーラーパネルが小さいものは充電時間が非常にかかりました。 

災害時にすぐ役立つものをということであれば、ソーラーの発電量の大きいものを買わないとじれったいかもしれません。

 

通常のモバイルバッテリー

 

容量が多いほど、たくさんの回数の充電に耐えます。

目安としてはアイフォン8で1,821mAh程度。便宜的に2000mAhでスマホ1台程度とみておけばいいように思います。

 

120000mAh

スマホ60回分充電できる大容量機種。

普段キャンプなどをしている方にはちょうどいいかもしれません。

モバイルバッテリーでは有名なAnkerのブランドなので信頼性も高いです。

 

反面価格は50000円程度なので、災害対策として購入するにはやはりまだ割高です。


Anker PowerHouse (434Wh/120,600mAh ポータブル電源) 【静音インバーター/USB &
*記事執筆時のAmazon価格:¥ 49,800*
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。
Amazon
楽天
Yahoo!ストア

 

10000mAh

このぐらいであれば、スマホ5回分程度は充電可能となります。

サイズがスリムになっており、価格も数千円台なので通勤通学されている方が予備のバッテリーとして用意しておけるレベルだと思います。


Anker PowerCore II 10000 (10000mAh 大容量 モバイルバッテリー)【PowerIQ 2.
*記事執筆時のAmazon価格:¥ 3,499*
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。
Amazon
楽天
Yahoo!ストア

 

 

なお、モバイルバッテリーは日数がたつとともに徐々に放電していきます。

例えば月の最後の日は、かならず充電の日として強制的に充電をしておくようにすると、このような事態を避けられると思います。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期してはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いませんので、 あらかじめご了承ください。