困ったー[安全編]

セキュリティで困ったことを調べたブログ

人間版ドライブレコーダーは?

スポンサーリンク

先日新潟で小2女児の痛ましい事件が報道されました。遺体は、絞殺後線路に遺棄されたもののようです。

この事件では、事件前に不審者の目撃情報、さらには子供から不審人物に接触されたという情報もあります。

これが本当ならば、人間版ドライブレコーダーのようなものを装着していれば、事前に対策がこうじることができたかもしれません。

人間版ドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダーとは、車に装着して運転中はずっと録画してくれるカメラのことです。

 

価格は安いものですと1万円以下で購入可能。

 

うちでも事故対策のために設置しています。

 

事故が起きた時に、事故のシチュエーションについて動画で確認できます。原因解明はもちろんのこと、事故の保険で過失の有無について判定するのにも決定的な証拠を用意できるので便利です。

 

先日の新潟の女児の事件では、事件前より不審者情報が出ていました。

 

もし子供がドライブレコーダーを装着していれば、不審人物についても早い段階で特定できたかもしれません。

 

また装着することによる抑止効果も期待できるでしょう。

 

ただし肝心の製品はまだまだこれからとなりそうです。

 

人間版ドライブレコーダー

Shonin

Shoninは小型のウェアラブルカメラです。

 

f:id:apicode:20180514101236j:plain

参考:https://www.kickstarter.com/projects/shonin/shonin

 

 

タッチすると、以降は自動で録画し続けます。

SIMカード対応モデルであれば、動画をクラウドに送ることが可能。

つまり、捕まって破壊されたという場合でも証拠動画はネットに送られているので確認することができます。

 

クラウドファンディングサイト、キックスターターで商品化されました。

169ドルでWiFi版を、176ドルでSIMカード対応版を販売しています。

日本円で2万円弱といったところ。

 

ただしネット機能に対応した製品としては「技適」マークの有無が気になりますが、今のところは対応予定という段階のようです。

参考:

人間用のドライブレコーダー「Shonin(証人)」 [インターネットコム]

 

 

CLIPS

CLIPSはグーグルの新しいコンセプトのウェアラブルカメラです。


Google Clips: AI camera first look

 

こちらは随時録画しており、人工知能が最適な場面を抽出してくれるという新しいコンセプトのカメラです。

 

199ドルで2万円強。

海外での出荷は始まったようで、日本でのリリースも期待されます。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期してはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いませんので、 あらかじめご了承ください。