困ったー[安全編]

セキュリティで困ったことを調べたブログ

【アンドロイド】セキュリティ・アプリの比較まとめ おすすめは結局どれ?

スマホのセキュリティが気になる昨今、スマホのセキュリティアプリをいろいろと試してみました。

無料のもの、デザインがシンプルで使いやすいもの、ブランド力があり信頼感のあるものなどいろいろあるので、自分にぴったりのものを探してみましょう。

 

スマホのセキュリティアプリの基準

Police Woman

基本的に無料版が各社あるので、それでしっかりチェックしましょう。

 

広告の少ないものを選ぶ

バージョンアップや有料版をおすすめするのはやむをえません(というかビジネスで継続できなくなりますから)。

しかしそれ以外の関係ない広告やアプリへの誘導があるものはおすすめできません。

 

悪意のある広告からの誘導は選ばない

「ウィルスに感染しているのでこのアプリをいれてください!」という広告経由でインストールしたアプリは使わないようにしましょう。

そういうアプリを使えば使うほど、悪質な広告が減らないからです。

 

デザインだけで選ばない

シンプルで、デザインがわかりやすいものを選びがちです。

しかしそれとアンチウィルスの性能とは無関係です。

 

アプリランキングでは、デザインがきれいで使いやすいものが上位に入っているようです。

 

一方、無料で宣伝が多いアプリは、シンプルすぎて逆に大事なファイルを消してしまうアプリなどもあるようです。

安全のためしっかりしたものを探してみましょう。

 

 

セキュリティアプリ比較

アルファベット順です。実際に使って採点してみました。

 

AVAST Mobile Security & Antivirus【PCでおなじみ】

PCでも有名な会社です。

 

一部機能はプレミアムですが、年間1280円と安いです。

実行サイズはやや大きいでしょうか。

盗難対策やバックアップなどの機能では別アプリのインストールが必用となります。

anzen.hatenadiary.com

 

 

AVG フリー【PCでおなじみ】

PCでも有名な会社です。

 

実行サイズはやや大きいでしょうか。

anzen.hatenadiary.com

 

 

ESET Mobile Security & Antivirus【PCで老舗】

PCでは老舗のセキュリティメイカー。

 

機能は豊富。一方、実行サイズも軽量です。

年間ライセンスは3000円です。

anzen.hatenadiary.com

 

LINEアンチウィルス【広告なし!】

チャットアプリLINEが提供するアンチウィルスです。

 

無料で安心して使えるアプリの一つです。

anzen.hatenadiary.com

 

 

Lookout【スマホセキュリティ専業】

スマホ専業のセキュリティアプリメイカー。

 

サイズは比較的軽量です。

anzen.hatenadiary.com

 

McAfee Antivirus & Security【PCでおなじみ】

PCではおなじみのセキュリティメイカーで、McAfee自体はニューヨーク証取に上場しています。

 

信頼感あるものの、有料の機能が多いです。

無料版はあくまでお試し用と考えた方がよいでしょう。

年間ライセンスは2980円です。

anzen.hatenadiary.com

 

Playプロテクト 【グーグルも参入】

グーグルといえばアンドロイドOSの提供会社であり、グーグルプレイストアというアプリのダウンロードサイトも運営している元締めです。

 

2017年よりPlayプロテクトという機能を提供しています。これは無料で怪しいアプリがないか絶えずチェックしてくれるというもの。

 

これが定着してくると、アンチウィルスをいちいち入れなくても大丈夫になるかもしれません。 

anzen.hatenadiary.com

 

 

Sophos【完全無料なのに豊富な機能】

完全無料でアップグレードの広告も一切なし

怪しい会社かと思いきや、政府との取引などもする本格的なセキュリティシステムメイカーです。

一部英語表記がありますが、日本語で十分使えます。

anzen.hatenadiary.com

 

 

Yahoo!スマホセキュリティ【おなじみヤフーのセキュリティアプリ】

Yahoo!さんのセキュリティアプリなので安心感があります。

シンプルで使いやすいですが、他にYahoo!最適化アプリなどがあるため、機能は最低限といった感じです。

anzen.hatenadiary.com

 

360 Security【初心者でも使いやすい中国産アプリ】

中国産のセキュリティアプリ。

シンプルで使いやすく、実行サイズも軽量です。

anzen.hatenadiary.com

 

ウィルスバスターモバイル【PCでおなじみ】

パソコンで老舗のセキュリティアプリです。

 

無料版はお試し期間とみたほうがよいでしょう。

保護者によるアプリやサイトブロック機能、ラインやワッツアップといったチャットアプリのスキャン機能などの独自機能もあります。

ライセンスは月額300円です。 

anzen.hatenadiary.com

 

 

ノートンモバイルセキュリティ【PCでおなじみ】

PCではおなじみのセキュリティメイカー。

信頼感あり、デザインもすっきりして使いやすいです。

 

ただし、無料版はあくまでお試し用と考えた方がよいでしょう。

実行サイズは大きいかもしれません。

ライセンスは年間で 3,024 円です。

anzen.hatenadiary.com

 

 

結局セキュリティはどれをいれればいいの?

判断基準でおすすめは変わってきますが、以下のような選び方で決めるのがいいと思います。

 

とにかく無料で!なら

スマホを買ったばかりでよくわからない、まずは無料のものがいい、という場合はヤフーやラインといったおなじみの企業が出しているセキュリティアプリが一番安心できるかと思います。

 

Yahoo!スマホセキュリティは機能が最小限ながら無料で使えます。

 

LINEアンチウィルスも無料で広告なしです。

 

とにかく選ぶのが面倒な場合は、このどちらかをいれてしまうというのでもよいでしょう。

 

また、海外のSophosのアプリはアップグレードの広告すらでませんが、機能は豊富なのでおすすめです。

 

ファイルサイズで選ぶなら

スマホはとにかく無駄な初期アプリが入っていて、使えるメモリ容量が厳しい場合があります。

 

といってセキュリティを入れないわけにもいかないでしょうから、ファイルの大きさの重視しましょう。

 

360Security, ESET, Lookoutあたりは比較的小さくて重宝すると思います。

 

パソコンと同じセキュリティアプリを使うなら

信頼度で選ぶと、PCでも有名なセキュリティメーカーのアプリが安心できます。

 

ノートン、ウィルスバスター、ESET、AVG、AVAST, McAfeeなどは、日本で使っている人も多いブランドです。

 

パソコン版とあわせてライセンスを利用するケースでは、パソコンと同じセキュリティアプリを利用したほうが便利かもしれませんね。

 

使いやすさなら

デザインがシンプルですっきり、使いやすさも初心者にありがたいです。

 

360 Security、ノートンなどが使いやすいのでおすすめです。

 

...以上、自分の気になるポイントでセキュリティアプリを選んでみましょう。

 

(更新 2017/11/18)

グーグルは2017年にPlayプロテクトというサービスを開始しました。

 

これはグーグルプレイストア自体がアプリをスキャンして怪しいアプリがないかチェックするというものです。

 

もしこれの有用性が確認できれば、わざわざアンチウィルスを入れなくても済むかもしれません。

 

今後の動向が非常に注目されます。

 

 

セキュリティアプリの疑問

セキュリティアプリは1本だけで大丈夫?

セキュリティアプリは1本いれればOKでしょうか、それとも複数入れた方が安全でしょうか。

 

実は、どのアプリも100%完全に対策というのは難しいと思います。

 

セキュリティアプリを3本入れたからと言って100%にはなるわけではありません。

 

日々新しい手口が作られ、毎日のように怪しいアプリがリリースされています。どうしても会社によって対応の速さにバラツキは出てしまいます。

 

逆にセキュリティアプリを3本、4本とたくさん入れると、アプリのスキャンだけで時間もかかります。バッテリの消耗も早くなります。

 

そのため、結果的にスマホが使い物にならなくなってしまいます。

 

これでは本末転倒になりかねません。

 

基本的には、1本信頼できるものを入れておけばいいと思います。

このあたり割り切りは、必要でしょう。

 

中国産は危険?

ネットでは「韓国や中国のアプリは情報漏えいもあって危険だ!」とみなす人の書き込みも見受けられます。

 

結論から言えばそんなことはありません。

 

ひどいアプリは中国産の場合もあるかもしれませんが、日本産やアメリカ産というケースだってあります。

 

国別で判断するのは有用ではありません。

 

あくまでメイカー別に信頼度を考慮するほうがよいでしょう。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期してはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いませんので、 あらかじめご了承ください。