困ったー[安全編]

セキュリティで困ったことを調べたブログ

パスワードを忘れないようにするには?

ウィンドウズへログインするパスワードから、ダゾーンなどの動画サービスなど、とにかくパスワードを忘れてしまうとアウトです。当サイトにもよくお問い合わせが来ますが、パスワード忘れについては対応は正直厳しいです。

そこで思い出しやすいパスワードを作っておいたほうと後々便利ですので、その方法についてまとめていきます。

 

パスワードを忘れないようにするには?

Password

パスワード忘れは非常に大きな問題です。

メールアドレスを登録していて再発行できればまだ救いようがあるのですが、そのような設定をしない場合はなおさら大変です。

 

そこで思い出しやすいパスワード、かつ見破られにくいパスワードを作っておくと、いざというときに連想でパスワードを推測しやすくなります。

 

 

思い出しやすいパスワードの作り方

数字や文字をずらす

誕生日が7月10日だとして、0710と設定している人も多いでしょう。

それを狙って、ブログやフェイスブックの誕生日の情報を抜き出してパスワードしらみつぶしにアタックする輩もいますので注意が必要です。

 

数字に必ず1を足す癖をつけておくのも手です。どの桁にも1を足してしまえば「0710」が「1821」となります。

 

文字の場合もずらすことは可能です。

「abcd」というパスワードなら「bcde」と、それぞれ1もじづつ次の文字列にすればOKです。

 

 

大文字小文字のルールを入れる

パスワードでは大文字小文字を区別するだけでも効果があります。

たとえば「trump0710」というパスワードの場合、かならず偶数文字を大文字にする癖をつけておきます。すると「tRuMp0710」となり、パスワード解読の難易度を上げることができます。

 

合間に記号を入れる

もし「!」マークなどを使える場合は、必ず文末に入れる、2文字目に入れるなどのルールを持っているとよいでしょう。

「trump0710」なら「t!rump0710」となり、解読される難易度を高くすることができます。

 

サイトの文字を入れる

いくらパスワードを工夫しても、どのサイトをパスワード共通で済ませてしまうと、1つ漏れただけでアウトになります。

 

そこでサイトの名前もパスワードにいれておくことで、そのような事態を防ぐことができます。

たとえば「trump0710」というパスワードをフェイスブックで使うなら「trump0710f」のようにフェイスブックの最初の頭文字「f」を入れるようにします。

グーグルなら「trump0710g」のようにするわけです。

 

まとめ

 以上のような考え方で「trump0710」を変えると

「UsVnQ!f!1821」といった一見複雑なパスワードを作ることができます。

戻す場合には

  • UsVnQを1文字づつ戻して小文字にする
  • びっくりマークをはずす
  • サイト名フェイスブックのfを入れる
  • 数字を各桁1つづつ下げる

などを考えればいいわけです。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期してはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いませんので、 あらかじめご了承ください。