読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー[安全編]

セキュリティで困ったことを調べたブログ

駅視-visionは安全?

セキュリティ

監視カメラは、安全性や利便性が期待できる一方、プライバシーなどの問題も抱えています。そしていよいよ公共の駅構内の画像がスマホでチェックできるようになります。

はたしてどんなシステムなのでしょうか?安全?

 

駅視-visionとは?

I'm watching you!

東京急行電鉄が、駅構内カメラ画像の配信サービスをスタートさせます。

そのなも「駅視-vision(エキシビジョン)」。

 

10月上旬から東急線の60駅が対象としてサービスインとなります。とりあえずの目標は東急線全85駅となります。

 

構内カメラ画像がスマホからチェックできるとなると、混雑具合がすぐわかるので便利です。

また電車でよくある遅延などの状況も、画像として確認できるのは助かります。

 

一方で困るのはプライバシー。駅構内の画像がチェックできるため、ストーカーに利用されたり、自宅の不在確認のために利用されてしまえばこんなに怖いことはありません。

 

駅視-visionは安全?

What You Looking At?

画像は人物を自動認識し、その上にアイコンを重ね書きすることで本人特定されないようなシステムになるそうです。

 

上書きされる前の画像についても、一定時間で上書きされるなどのハッキング対策、システム侵入への対策が講じられるということです。

 

新しいサービスだけにすべてが100%完璧に行くかどいうかはまだ不透明です。

沿線の利用者で、プライバシーに過度に警戒している人は、帽子やメガネ、マスクなどである程度評価が定まるまではちょっと対策を行ってみてもいいのかもしれませんね。

 

参考:

駅の混雑状況をスマホで確認!「駅視-vision」正式スタート | RBB TODAY

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期してはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いませんので、 あらかじめご了承ください。