困ったー[安全編]

セキュリティで困ったことを調べたブログ

【アンドロイド】「カスペルスキー インターネット セキュリティ」は安全? 評判は?

スポンサーリンク

「カスペルスキー インターネット セキュリティ」は、PCでも定評のあるロシア産のセキュリティアプリです。

アンドロイド版をここでは試してみました。

果たしてその実力は?

 

「カスペルスキー  インターネット セキュリティ」とは?

https://lh3.googleusercontent.com/DWjJE1h1EXhLFcgSMDw_wnqJ48QHlEJf61S1s5VK_C6EcNY2SfJnb2BiYBwb6TqCa7M=w300

カスペルスキー は、インターネットセキュリティでは非常に人気・実力とも兼ね備えた優れたソフトです。

ロシア産ですが世界中にユーザがいます。

スマホ用アプリもリリースしています。

アンドロイド版はこちらからダウンロードできます。

カスペルスキー インターネット セキュリティ - Google Play の Android アプリ

 

 

「カスペルスキー  インターネット セキュリティ」の使い方は?

アプリを起動し、もしなければアカウントを作成しましょう。

f:id:apicode:20151221210339p:plain

 

スキャン

「アップデート」でデータ定義ファイルを最新にしておきましょう。

準備が終わったら「スキャン」をタップ。

f:id:apicode:20151221210410p:plain

 

簡易、完全、フォルダースキャンとあります。

初回は完全スキャンをするのがおすすめ。

f:id:apicode:20151221210444p:plain

 

スキャンが終わり、脅威がない場合は以下のように報告されます。

f:id:apicode:20151221210447p:plain

 

 

メニュー

メイン画面で下を上へスワイプするとメニューの一覧が表示されます。

f:id:apicode:20151221210546p:plain

 

着信拒否

着信拒否を設定します。最初に「機能の実行」に同意しましょう。

f:id:apicode:20151221210635p:plain

 

すると着信拒否のリストを作成します。

ブラックリストでは着信を拒否する相手のリストを作成します。

ホワイトリストは反対に着信を許可する相手のリストを作成できます。

f:id:apicode:20151221210638p:plain

 

ブラックリストを選ぶと、追加ボタンがあります。

f:id:apicode:20151221210643p:plain

 

タップすると、拒否がSMSか通話かなどを選択します。

f:id:apicode:20151221210644p:plain

 

拒否する番号などを続けて入力しましょう。

f:id:apicode:20151221210647p:plain

 

盗難対策

盗難対策では、遠隔アラームや端末のロック・消去、カメラ撮影などを利用することができます。

f:id:apicode:20151221210856p:plain

 

 

カスペルスキーの評価は?

レビューの評判は?

やはりPC版での評価の良さからスマホ版でも利用しているユーザさんは多いようです。

使った感想は?

ただし利用した感じでは、セキュリティアプリとしては決して多機能ではありません。あくまでファイルやアプリスキャン、着信拒否、盗難防止の3本柱がメインになります。

 

アプリスキャンなどでは安心感はありますが、多機能でない分評価がわかれるかもしれません。

 

有料版は、アンドロイド版年間3024円。リアルタイムスキャンなどが利用できます。

 

 

カスペルスキーは安全?

機能上、通話履歴やSMS、カレンダーや連絡先など広範囲にアクセス可能ですので、信頼度に応じて利用するかしないか判断しましょう。

 

カペルスキーは利用者も多いだけに、トラブルなどがあれば一気に世界中にニュースになります。

カペルスキーを使っていたために大きなトラブルになった、というような事例はいまのところありません。

 

セキュリティソフト比較・検査を行っているAV-TESTというサイトがあります。それによれば、2015年にのテストでは、100%の検知率を記録しました。

AV-TESTでは常に上位にランクされる実力派のソフトといえるでしょう。

 

 

結局どのセキュリティアプリを入れればいいの?という場合には、こちらのページにまとめてありますので参照ください。 

anzen.hatenadiary.com

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期してはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いませんので、 あらかじめご了承ください。