困ったー[安全編]

セキュリティで困ったことを調べたブログ

バンドルカードは安全?

スポンサーリンク

バンドルカードは、ネットの買い物を便利にしてくれるアプリです。

プリペイド形式で、使える金額上限も大きくないため、比較的安全に使えるサービスだと思います。

 

バンドルカードとは?

Kanmuの提供しているアプリです。

Visaプリペイドカードに対応しており、ネットや店舗での買い物の支払いを便利にしてくれます。

このプリペイドはアプリ上で作成可能で、無料かつ無審査で作成することができます。

ただし、実際に物理的なカードを発行する場合には手数料がかかります。

 

バンドルカードには手軽なメリットもあります。

一方デメリットもありますので、そのあたりわきまえて利用しましょう。

主なデメリットは以下のようなものがあります。 

制限

「ガソリンスタンド、宿泊施設、公共料金、定期支払い・定期購買、保険料の支払い、高速道路料金、機内販売、自動券売機など暗証番号の必要なお店」では利用できません。

 

口座維持費

120日間未利用の場合には、口座維持費が発生します。

30日毎に残高から100円引かれ、100円未満になるとカードが解約されてしまいます。

 

海外での利用

海外のVisa加盟店で利用されると4.5%の事務費が派生します。

 

返金

チャージ金額は原則返金なしとなります。

そのため、最初は少額でのチャージがおすすめです。

 

 

バンドルカードの使い方

登録するには

アプリを起動するとこんな感じ。

最初はアカウントを作りましょう。

f:id:apicode:20170710103950j:plain

 

まずユーザIDとパスワードを任意のものを設定します。

招待コードがあれば、ボーナスなどの特典が付く場合があります。

招待コードがない場合にはうちのコード「xexr8p」がご利用いただけます。

 

f:id:apicode:20170710103954j:plain

 

次に生年月日、性別を設定します。

未成年の場合には親の許諾が必要になります。

f:id:apicode:20170710103957j:plain

 

次にスマホの電話番号をセットします。

この後SMS認証しますので、SMS対応の番号が必要です。

f:id:apicode:20170710104000j:plain

 

SMS認証を済ませれば手続きは終了です。

f:id:apicode:20170710104005j:plain

 

次にカードを発行します。

実際のプラスチックのカードを発行しなくても大丈夫です。

「バーチャルカード有効化」をタップ。 

 

f:id:apicode:20170710104018j:plain

 

そのまま「発行する」をタップします。

f:id:apicode:20170710104029j:plain

 

あとは発行されるまでしばし待ちます。

しかしうちではこの画面のまま変化が起きませんでした。

仕方ないのでアプリを再起動したら無事カードの発行は終了していました。

f:id:apicode:20170710104034j:plain

 

 

カードが発行されていれば、このように残高や履歴をアプリから見ることができます。

f:id:apicode:20170710104145p:plain

 

基本的にはプリペイドなので、チャージした分だけ使えるという感じです。

チャージ可能枠が決まっていて、あまり高い額は入れられません。

f:id:apicode:20170710104156j:plain

 

 

ビットコインで入金するには?

チャージでビットコインを選びます。

f:id:apicode:20170710104159j:plain

 

チャージする金額を入力します。

f:id:apicode:20170821093915j:plain

 

すると送金先のアドレスが表示されます。

ただしコインチェックを使ってビットコインを送金するのであればログインすると入力をこちらからする必要はありません。

ほかのウォレットの場合にはQRを読み込むか、アドレスを転記する必要があります。

f:id:apicode:20170821093921j:plain

 

コインチェックでログイン後、このように支払う画面となります。

「支払う」をすれば完了です。

1分程度?でメイン画面にもチャージ金額が反映されます。

 

f:id:apicode:20170821093943j:plain

 

チャージできない?

うちではこのように無事チャージできました。チャージできない場合はバンドルカードのサポートへ問い合わせるのが早いと思います。

https://support.vandle.jp/

 

決済で利用するには?

アマゾンなどの支払いでもバンドルカードは利用できます。

支払い方法でバンドルカードの情報を追加するのですが、1文字1文字メモって入力するのは大変です。

 

バンドルカードアプリではワンタップで文字列をコピーしてくれます。

まずはカードの画面を表示。

「カード」のタブをタップします。

f:id:apicode:20170828103221p:plain

 

すると下のほうにカード情報の欄があります。

番号やセキュリティコード、有効期限や名義など、登録に必要な項目を1タップでコピーできます(コピーすると、コピーされました!と出るのですぐわかります。)

あとは、入力画面へ貼り付ければOKです。

f:id:apicode:20170828103410p:plain

 

楽天市場で使うには?

よく使われるネットショッピングのサイトといえば楽天市場。

実際にバンドルカードが使えるか試してみました。

 

まずは普通に商品を選び決済の画面へ進みます。

「お支払方法」を変更します。

するとカードの追加画面があります。

カード会社をVISAにし、バンドルカードで表示されているカード番号、有効期限、名義をいれます。

名義は「VANDLE USER」といれます。

f:id:apicode:20170923104121j:plain

 

するとカードが登録されたので、それを支払い方法としてセットします。

f:id:apicode:20170923104123j:plain

 

 

あとは購入プロセスを完了させれば、無事楽天市場でバンドルカードでお買い物が完了となります。

今回は無事購入できたようなので、楽天市場でバンドルカードを利用することは問題なさそうです。

 

バンドルカードは安全?

このアプリの運営会社はカンムという会社です。

ベンチャー企業のため、まだ世間的な信頼度は高いとはいえません。

 

ただし利用するのはあくまでVisaプリペイドカードです。

 

クレジット枠とかはなく、チャージした分だけ利用できるというものです。

チャージ金額も日常利用程度に抑えられており、逆にいえばたくさん預け入れられないのでリスクも低くなります。

 

おそらく現時点ではVisaプリペイドカードだけですが、いろんなカードが追加できるようになるのではと思います。

f:id:apicode:20170710104209j:plain

 

 

現時点では100%安全...とは言わないまでも、実際にはかなりリスクは低いものと思われます。

 

入金でビットコインが利用できるのも便利なところでしょう。

 

バンドルカードのメリットを活用するめ、リスク許容範囲内で利用するのがいいのではないかと思います。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期してはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いませんので、 あらかじめご了承ください。